自毛植毛を受けたいのですがm字の場合はどれくらい費用がかかりますか?

高額な費用がかかる自毛植毛

AGA治療薬でも効果が出なかった時に魅力なのが自毛植毛です。
自分の髪の毛なので人工毛のカツラと違って見た目が自然なのが良い点です。
しかし自毛植毛はAGA治療の中でも特に費用が高額です。
高額な費用がネックになって躊躇しがちですが、予めどれくらいの費用がかかるか分かっていれば準備はしやすいです。

グラフト単位で費用を設定している

AGA治療薬のプロペシアの処方を受けると1か月当たり7500円くらいと月単位で分かり易くなっています。
自毛植毛ではグラフト単位で費用を設定しているクリニックが多いです。
1本の髪の毛、2本の髪の毛、3本の髪の毛と毛穴によって生えている髪の毛の本数が異なります。
自毛植毛では毛母細胞ごと移植していますのでグラフト単位の費用となっているわけです。
クリニックによって異なりますが、500グラフトで50万円ほど、1000グラフトで90万円ほど、1500グラフトで120万円ほど、2000グラフトで150万円ほどかかります。
グラフト数が多いほど1グラフト当たりの費用は安くなります。

m字の場合の費用は

m字の場合はo字より少な目のグラフトで済むと言われています。
それはo字は髪の毛が重なる部分が少ないですが、m字は重なる部分が多いからです。
個人差やAGAの進行状況にもよりますがm字の場合で必要になるグラフト数は1000本ほどです。
m字を自毛植毛で改善させるには90万円ほどが必要になる計算です。
メスで切るFUT法、メスで切らないFUE法と大まかに分けて2種類ありますが、FUT法のほうがFUE法より費用が安いことが多いです。
FUT法なら1000グラフトで60万円に設定しているクリニックがありますので30万円ほど節約できます。
その代わりにメスで切るために傷跡が残るリスクがあります。

複数回に分けることが可能

AGAの症状が進まないうちに自毛植毛を受けると植毛した部分が残って周りが脱毛し、離れ小島みたいになると心配されるでしょうが、そんな時は自毛植毛を受けて修正すれば問題ないです。
複数回に分けることが可能なので大丈夫です。